株主優待で得をする株とは?

株主優待で何を得られるのかご存じですか?株主優待を利用している有名な「桐谷さん」っていう方がいますが桐谷さんは株主優待で映画のチケットや宿泊券などを利用しています。では、どのような株主優待があるのかご紹介していきます。

株主優待で何をもらおうとワクワクする様子の女性

投資家「桐谷さん」の株主優待券の使い方

桐谷広人さんは現在株式投資家として有名になっていますが、本来は将棋のプロ棋士です。若手棋士時代の仲間うちのあだ名がコンピューター桐谷だったのですが、そう付いた理由はとにかく記憶力が優れていて将棋が或る局面になった時桐谷プロは以前の対局でこれと同じ場面があったかどうか全部覚えているためでした。現在なら過去に同一の局面があったかどうかネットやサイトでもわかりますが、それがない時代に桐谷プロの記憶力は他の棋士からも垂涎の的だったのです。現在の桐谷さんはユニークなキャラクターをバラエティ番組でも披露していますが、実際の株取引ではこのような明晰な頭脳で、将棋の局面を分析するかのような計算力で株主優待枠もうまく使っています。優待の商品をもらったとしても結局使わなかったり期限が過ぎてしまうことがありますが、桐谷さんはそのようなことは避けますので、まず優待券の中で使用期限が近づいているものから財布に入れ、期限が切れないうちに使って回ります。これは長年の将棋の対局や詰将棋で養った力を応用していると言えます。問題は予想外に店が閉店していることです。優待券の企業としての期限は券自体にも明記してありますが、その中でたまたま自宅の近所の店舗が閉店してしまっていても事前に情報がわからないことが多く、これは桐谷さんにとっても使いに行った当日にならないとわからない盲点です。桐谷さんの株の買い方は安く買って高く売るが原則ですから、安い株の中から欲しい優待があるものを選びます。欲しい優待の方から探しますと株を割高で買ってしまいますからそれは避けます。株主優待から逆算して選んだ株についてカレンダー上で権利確定日順に並べて優待券をうまく使い終われるように配置します。権利確定日は企業ごとに各月に分かれていますので、このようにきちんと表にして並べますと確定日が何日かも忘れませんし、優待券を使い残すこともありません。株主優待を上手く使うには優待利回りを考えましょう。優待利回りとは「株主優待の利回り」を指し、投資金額に対する収益の割合です。簡単に言うと、「優待利回りとはお得度を数値化したもの」と言えます。
そんな桐谷さんですが、過去には株で時価総額で約3億円もの資産を築いたことがありました。しかし、その後の、ホリエモンこと堀江貴文の逮捕の影響での株式市場暴落や、リーマン・ショックなどので3億円あった資産が1億円になってしまったといいます。ひどい時では一日でおよそ2000万円も時価総額が下がったこともあったそうです。一時は時価総額で3億円もの資産を築いた桐谷さんでさえ、このように失敗してしまうこともあるのです。なので株を始めたばかりの人や株初心者の方などは情報収集を怠らず、時には投資顧問に頼ってみてもいいと思います。有名な投資顧問には、イーキャピタルやトレーダーズブレインマーケットなどがあります。その他にも投資顧問はたくさんあるので、トレーダーズブレインマーケットの評価投資顧問ランキングを調べたりして投資顧問を選ぶと良いでしょう。