株主優待で何を得られるのかご存じですか?株主優待を利用している有名な「桐谷さん」っていう方がいますが桐谷さんは株主優待で映画のチケットや宿泊券などを利用しています。では、どのような株主優待があるのかご紹介していきます。

株主優待で何をもらおうとワクワクする様子の女性

株主優待に注目!日本信号は関連の行事が目白押し!

株を買おうという人に注目なのが株主優待です。現在はその品物によって投資する会社を選んでいるという人も多いぐらいです。自社商品の詰め合わせセットなどは実際に使えて重宝しますので、いろいろな企業の株主優待品を調べてみるといいです。日本信号の場合は鉄道や道路の信号機器やインフラの企業ですから、自社の製品を株主優待品として贈ったりすることはありませんが、最近株主総会で注目を浴びました。株主への報告書に自閉症の人が書いた画を起用したもので、あまりにも素晴らしい作品でしたので話題になったのです。障害者の人の作品を採り入れようというこのような発想の企業は会社として優れていますので、ここの株に投資するのは賢明な策と言えます。普段から障害者のためのホームドアの開発も行なっています。さらに日本信号はそもそも今後の業績が期待されています。まず今力を入れていますのが駅などの外国語での表示システムです。これは日本語に加え英語、中国語に韓国語の4か国語というものです。現在はインバウンド需要関連で様々な日本企業が恩恵を受けていますが、来日する多くの人は中国や韓国の人で大多数を占めています。ですから国内の主要駅などでこのような表示板の登場は大変待たれていますので今後楽しみです。しかも2020年にオリンピックが控えていますので需要が続きます。一方でリニア新幹線も建設にかかりますがこちらは日本信号の装置がメインになりますので業績的にも非常に期待の案件になります。このほか各鉄道会社の自動出改札装置や上述のホームドア、あるいは災害を防ぐための崩落検知装置など様々な分野で開発が進んでいます。いずれも社会にとって必要不可欠な機器ですから、これからも日本信号の業績は安定し株価も右上がりに上昇していくと考えられます。